ISOマネジメントシステム ISO9001 ISO14001 ISO22000「業務の効率化」「品質管理」「労働安全衛生」「環境問題へ企業対応」などのマネジメント化で経営強化をご提案します。

マネジメントシステムコンサルティング「テン・アシスト(TEN・ASSIST)」

ISOマネジメントシステムで企業の経営強化をご提案いたします。
ISOマネジメントシステムのご依頼・ご相談
ISO26000
(社会的責任に関する手引き)

CSR(社会的責任)とは

ISO26000の社会的責任の定義にはこのように示されています。
社会的責任とは、組織の決定及び活動が社会及び環境に及ぼす影響に対して、次のような透明かつ倫理的な行動を通じて組織が担う責任。

  • 健康及び社会の反映を含む持続可能な発展に寄与する
  • ステークホルダーの期待に配慮する
  • 関係法令を遵守し、国際行動規範と整合している
  • その組織全体に統合され、その組織の関係の中で実践される。

ISO26000とは

IISO国際規格のひとつであり、2010年11月に正式発行された社会的責任に関する手引です(Guidance on social responsibility)。
社会的責任に関するガイドラインなどは、多様なイニシアチブを含め多数のものが存在しますが、社会的責任に関する概念を一つに統合化したガイドラインとして国際的に評価が高いものとして存在しています。
この規格は認証用の規格ではなく、ガイドラインとして存在しますので、規格の全部を取り入れて組織に導入してもよいですし、組織に適した部分のみを採用するという手法をとることもできます。

社会的責任の原則

ここでは、組織が社会的責任を果たす取り組みをするときに認識するべき7つの原則を示します。

説明責任 組織は自らが社会及び環境に与える影響に説明責任を負うべきである
透明性 組織は、社会及び環境に影響を与える決定及び活動に関して、透明性を保つべきである
倫理的な行動 組織はどのようなときも倫理的に行動すべきである
ステークホルダーの利害の尊重 組織はそうテークホルダーの利害を尊重し、よく考慮し、対応すべきである
法の支配へ尊重 組織は法の支配を尊重することが義務であると認めるべきである
国際行動規範への尊重 組織は法の支配の尊重という原則に従うと同時に、国際行動規範も尊重すべきである
人権の尊重 組織は人権を尊重し、その重要性及び普遍性の両方を認識すべきである

ISO26000の概要

ISO26000の構成及び概要の説明として、ISO26000規格では次の図を示しています。

組織が社会的責任への取り組みに際して、組織と社会、組織とステークホルダー、ステークホルダと社会の3つの視点を理解するべきだとしています。

ISO26000の中核課題

中核課題として設定されていることは次の7つの事柄です。

中核課題  
組織統治 組織の社会的責任を実現するための基盤をなすものです。
人権 すべての人が性別・年齢・人種・出身地・障がいなどによって差別を受けない社会を構築するために、直接的・間接的に人権を侵害することのないよう配慮していく取り組み
労働慣行 労働者の一定の生活水準の確保や、性別や年齢による不当な差別のない平等な労働機会の確保などと、劣悪な労働条件などからの災害リスクのない職場への取り組みが求められます。
環境 問題となっている地球温暖化や生物多様性などの課題へ取り組むことで、持続可能な発展の理念を持ち続ける取り組みです。
公正な事業慣行 不正によって不当な利益を得るなどといった行動を排除し、倫理的な事業を行っていく姿勢です。賄賂、談合など取引先などとも橋梁しあって誠実な事業としていくことが求めれます。
消費者課題 消費者が確実な情報を得ることができるように誠実なHP,広告の表現、間違いのない、あいまいでない製品表示などが求められます。また個人情報の取得時の配慮なども重要な取り組みです。
コミュニティの参画及び開発 組織が取り巻く地域住民との対話や、地域の雇用創出、地域ボランティアへの参加など、積極的に地域との接点を持つことで、地域と組織の相互の発展がなるように取り組むことを言います。

中核課題における具体的な取り組みの例

6つの中核課題の各々を具体的に取り組むとしたら、どのようなことを取り組めばよいのでしょうか。いくつかをISO26000の“関連する行動及び期待”の箇所より例示します。

人権
  • 児童労働の禁止
  • 人権教育
  • 貧しい人々の購買の能力に合わせる価格帯の設定
  • 人種、年齢、性別、病歴などによる雇用差別の禁止
  • 人権相談窓口の設置
  • 障がい者・高齢者など社会的弱者の雇用促進
労働慣行
  • 労働者の個人情報を保護する
  • 働きがいのある人間らしい労働条件(ディーセントワーク)
  • ワーク・ライフ・バランスの推進
  • 国の法規制、労働協約に従った適正な報酬
  • 同一価値の労働に対する同一賃金
  • 労働組合などの団体の組織化の尊重
  • 職場の安全環境の改善
  • 労働安全衛生マネジメントシステムの導入
  • 平等なキャリアアップの機会の提供
  • 人材育成、職業訓練
  • 高齢者など社会的弱者の積極雇用
環境
  • 自らの活動で排出される汚染源を把握して改善する
  • リサイクル材の使用
  • 資源利用量の削減・効率化
  • 地球温暖化への取り組み
  • 環境マネジメントシステムの導入
  • 環境にやさしいとされる製品を購入する(グリーン調達)
公正な事業慣行
  • 贈収賄、汚職の根絶のための教育を行う
  • 内部での報告・相談の窓口などのシステムの導入
  • 透明な政治的な関与
  • 談合など不正競争の排除
  • 下請け業者への配慮
  • フェアトレード製品などの購入
消費者課題
  • 読みやすい契約書の表現にする
  • 製品の情報を出すときの誇大、偽りの排除
  • ホームページ情報の明確化
  • 安全な製品の設計及び提供と不具合発生時の迅速な回収
  • わかりやすい取り扱いマニュアルの作成
  • 再利用がしやすい耐久性の良い製品の開発
  • 環境に配慮した製品の提供
  • 迅速な苦情対応、お客様窓口の設置
  • 顧客のデータ、個人情報の保護、プライバシーの確保
  • 生活に必須なサービス提供についての生活困窮者への配慮(配慮なしにサービスを打ち切らない)
社会的に良いとされる消費方法などについての消費者教育
コミュニティへの参画及びコミュニティの発展
  • 地域ボランティア活動への参加
  • 地域住民・児童を対象とした啓発・教育活動
  • 地域におけるスポーツ促進
  • 社会的弱者の雇用促進活動
  • ホームレス自立支援活動
  • コミュニティ内組織の協力による技術開発
  • コミュニティを対象とした事業

企業が社会的責任行動をすることの意義

社会的責任に組織が取り組むことにより、組織が得ることができる利点には次のことだとISO26000では述べています

  • 社会の期待、社会的責任に関連する機会(法的リスクのより良い管理を含む)及び社会的責任を果たさないことのリスクに対する理解の向上によって、より良い情報に基づいた意思決定を促進する
  • その組織のリスクマネジメント慣行を向上させる
  • その組織の評価を上げ、社会的な信頼を促進させる
  • 組織の活動するうえでの社会的な認可を支える
  • 技術革新を引き起こす
  • 資金へのアクセス及び好ましいパートナーの地位を含む、その組織の競争力を高める。
  • その組織のステークホルダーとの関係を強化することによって、その組織は新しい視点を経験し、様々なステークホルダーと接触することができる
  • 従業員の忠誠心、関与、参画及び士気を高める
  • 女性労働者及び男性労働者の安全衛生を向上させる
  • その組織の新規採用の能力及びその組織の従業員の意欲を高め、金属を奨励する能力にプラスの影響を与える。
  • 生産性及び資源効率を向上し、エネルギー及び水の消費を減らし、廃棄物を減らし、価値ある副産物を回収することによって、節約を行う
  • 責任ある政治的かんよ、公正な競争、及び汚職をしないことによって、取引の信頼性及び公平性を高める

中小企業のCSR活動

中小企業は、"社会貢献"に専念する資力と時間がなかなか得られないので、「CSR」といってもなかなか、というのが大方のところかもしれません。CSRは大手のすることと・・・。
でも、どんな会社でも社会の何かの役に立ちたい、という想いはあるのではないでしょうか?
最近の水害をとおしても、非難を余儀なくされているかたがいらっしゃいますし、まして東日本大震災から4年半においてなお、復興が果たされたとは言えない状態です。
ここで、我々中小企業がそのような苦境の社会に貢献できるところはないかを考えてみる。言い換えれば、今の自分たちの会社の技術で社会の役に立つフィールドはないかをイメージする。今ある技術を少し転用すれば、避難生活で苦しむ人の役に立つ製品に生まれ変わるかもしれない、などと発想を展開させてみる。
ある人は、「社会貢献というフィルターと通して、自らの会社を見つめる」と語りましたが、日常の業務に忙殺されているとなかなかひらめかない発想力を、このような見方で輝かせてみるというのはいかがでしょうか?
例えば、次のようなステップで考えてみてはいかがでしょうか

  1. 自分たちの会社の技術力、ノウハウ、ミッションの棚卸(リストアップ)
  2. 社会に起きている問題のリストアップ(自然災害、地球温暖化、ハラスメントの問題、ワークライフバランス、メンタルヘルス、情報漏えい、製品表示偽装、汚職 etc・・・)
  3. そして、その掛け合わせでイメージを膨らませてみる(社員とブレンストーミングしてみるというのもいいですね)

1、2をマトリックスにして可能性を書き出してみる、というのはいかがでしょうか?
小さな企業なりに、なにか社会に役に立てるフィールドはあるはず!
今の仕事がどのように社会の役に立っているかを再認識する作業と位置付けてもよいかもしれません。

"人の役に立つ" これは、人の生きがいであり、このうえもない喜びであり、会社の存在の意味ともいえるかもしれません。

社会的責任の活動を組織にシステムとして組み込む

社会的責任行動を組織に体系的に組み込む方法がISO26000の7章に記載されています。
ここでは、そのエッセンスを示します。

次のような活動に取り組むことで、社会的責任活動を組織内に定着させていきます。

1.社会的責任に関する組織の現在の状況の理解
  • 組織の目的はなにか
  • どのような組織の構造か
  • 現在の社会的責任に関する組織(トップ)の考え方は
2.中核主題の関連性の判断をする
  • 中核主題の関連性の判断をする
  • 活動のすべてをリストする
  • ステークホルダーを特定する
  • 影響を及ぼす他の組織の存在を認識する
  • どの課題を重点を置くことが組織に大きな影響をもたらすかを評価する(統治、経済、法的/政治的、世論などにどれくらい影響を与えるか)
  • 影響力の行使の範囲を決める
  • 活動の優先順位を決める
3.組織に社会的責任を組み込む実践をする
  • 社会的責任に関する教育や認識の向上の実施
  • 方針を含めて組織の社会的責任に関する行動の方向性を決める
  • 決定した活動を組織に組み込む
4.内部・外部とのコミュニケーションを促進させる
5.信頼性の向上への取り組みを行う
  • ステークホルダーとの対話
  • 第3者の介入や認証制度への参加
6.社会的責任行動の確認と改善する
  • パフォーマンスのモニタリング
  • 改善
7.必要であれば多様なイニシアチブへの参画を検討する
ISOマネジメントシステム導入のご依頼・ご相談はこちらから。
092-983-3469
ブログ一覧
ISOマネジメントシステム導入のご依頼・ご相談はこちらから。
ISOのマネジメントシステムを導入したが効果が表れない、とお困りの経営者の方も多いですが、ISOの導入の成功には、やはりいくつかの注意するべき点があります。
ISOマネジメントTOPICS
テンアシスト:お知らせ
お知らせ一覧