ISOマネジメントシステム ISO9001 ISO14001 ISO22000「業務の効率化」「品質管理」「労働安全衛生」「環境問題へ企業対応」などのマネジメント化で経営強化をご提案します。

マネジメントシステムコンサルティング「テン・アシスト(TEN・ASSIST)」

ISOマネジメントシステムで企業の経営強化をご提案いたします。
ISOマネジメントシステムのご依頼・ご相談
メンタルヘルスマネジメントのPDCA

さて、よく弊社ではメンタルヘルスの話をブログでするのですが、その背景には、代表である私が、以前にメンタルでずいぶん苦しんだ経験があるからであり、うつや不安、その他のストレスにまつわる症状で苦しんでいる方は、他人事でないと思ってしまうところに所以があります。

このような苦しい方も、苦しいからと言って、じゃあすぐに仕事を離れてのんびり休養ができるかというと、そこは一筋縄に行かないケースが多いものです。病気なんだから休んじゃおう!とは簡単にいかないのは、そのようなストレスやうつに苦しむ方の多くは、とてもまじめで、こころがナーバスな方が多いものだから、どうしても"病気なんかで休んでいていいのだろうか??"などとますます悩んでしまったリする。なかなか厄介な代物なんですね、メンタルヘルスというのは。

ここで大事なのは、人ひとりのメンタルを職場ぐるみで支えてしまおうという取り組みがメンタルヘルスマネジメントだと思うんです。もちろん目的なそれだけでなく、会社としてそのような方をだすことで損失になるわけだから、損失を減らすという目的もあります。

さて、組織としての大事な「メンタルヘルスマネジメントシステム」の構築の方法についてですが・・・・・

まずは、厚生労働省が出している指針に従って、組織にメンタルヘルスの管理体制を構築するのが早道となります(現在メンタルヘルスに特化したISO規格はありませんね)

指針は「労働者の心の健康の保持増進のための指針」です
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/03/h0331-1.html


指針には明確にPCCAのような体系では記載していませんが、組織で体制づくりをするときには、やはりPDCAのルーティンで検討することが一般となりましょう。


「こっころの健康づくり計画」の策定から始まり、教育やコミュニケーションによって組織内の周知を図る。本人自身の努力ち所属長、チームのケア、そしき内外のスタッフのサポートを得ながらメンタル不調の発見とケア、組織職場復帰に向けていく。この活動が会社全体でどのような効果を上げているかを総合的に評価する取り組みを持ち、次の方針、目標
につなげるという仕組みです。


そんなに難しい取り組みではありませんが、ポイントは外部の機関などのサポートをどのように活用していくか、ではないかと思います。一緒に取り組んでよい職場にしていきましょう!

ISOマネジメントシステム導入のご依頼・ご相談はこちらから。
092-983-3469
ISOマネジメントシステム導入のご依頼・ご相談はこちらから。
ISOのマネジメントシステムを導入したが効果が表れない、とお困りの経営者の方も多いですが、ISOの導入の成功には、やはりいくつかの注意するべき点があります。
ISOマネジメントTOPICS
テンアシスト:お知らせ
お知らせ一覧